Takeshi Tezuka Guitarist
手塚健旨WEB SITE
Thank you for your acces
 
TOP
プロフィール
コンサート
フォトアルバム
コラム
CD
書籍案内
教室案内
合奏
 
メール

〜手塚健旨〜   書籍集

 


現代ギター誌

    新シリーズ「20世紀ギターの黄金期」長期連載中 !


[連載:20世紀のギターの黄金期]

現代ギター2012年4月号

2017年5月号
■第1回:近代ギターの幕開け

現代ギター2012年4月号

2017年6月号
■第2回:タレガ派とリョベート、セゴビア、デ・ラ・マーサ

現代ギター2012年4月号

2017年7月号
■第3回:ファリャとギター

 

[連載:時空を超えて]

〜歴史的ギタリストへのインタビュー
現代ギター2012年4月号

2016年1月号
■特集:女性ギタリストの系譜
    執筆〜二つの愛情物語〜
    タレガとロブレド、リョベートとアニード

現代ギター2012年4月号 2016年4月号
■時空を超えて〜歴史的ギタリストへのインタビュー
   [新連載]
    「ナポレオン・コスト
現代ギター2012年5月号


2016年5月号:
■ 時空を超えて〜歴史的ギタリストへのインタビュー[2]
    「ジュリオ・レゴンディ」

現代ギター2012年6月号

2016年6月号:
■ 時空を超えて〜歴史的ギタリストへのインタビュー[3]
    「ニコロ・パガニーニ」

現代ギター2012年7月号

2016年7月号
■ 時空を超えて〜歴史的ギタリストへのインタビュー[4]
    「ディオニシオ・アグアド」

現代ギター2012年8月号

2016年8月号:〜
■ 歴史的ギタリストへのインタビュー[5]
    「フェルナンド・ソル@」

現代ギター2012年9月号

2016年9月号:
■ 〜歴史的ギタリストへのインタビュー[6]
    「フェルナンド・ソルA」
*他に特集「追悼・アリリオ・ディアス」に執筆

現代ギター2012年10月号

2016年10月号:
■ 時空を超えて〜歴史的ギタリストへのインタビュー[7]
    「マウロ・ジュリアーニ」

現代ギター2012年10月号

2016年11月号:
■ 時空を超えて〜歴史的ギタリストへのインタビュー[8]
    アントニオ・ヒメネス・マンホン」

現代ギター2012年10月号

2016年12月号
■時空を超えて〜歴史的ギタリストへのインタビュー[9]
「フェルディナンド・カルッリ」

現代ギター2012年10月号

2017年1月号
■時空を超えて〜歴史的ギタリストへのインタビュー[10]
「マテオ・カルカッシ」

現代ギター2012年10月号 2017年2月号
■時空を超えて〜歴史的ギタリストへのインタビュー[11]
「フリアン・アルカス」
http://www.gendaiguitar.c
現代ギター2012年10月号 2017年3月号
■時空を超えて〜歴史的ギタリストへのインタビュー[最終回]
「二人のバリオス」

 

[連載:奇蹟のギタリスト]

彼らはなぜ天才とよばれるのか?
現代ギター2012年4月号 2014年4月号:
第1回 フェルナンド・ソル
現代ギター2012年4月号

2014年5月号:
第2回 フランシスコ・タレガ

現代ギター2012年4月号

2014年6月号:
第3回 パコ・デ・ルシア

現代ギター2012年4月号

2014年7月号:
第4回 ナルシソ・イエペス

現代ギター2012年4月号

2014年8月号:
第5回 ミゲル・リョベート/マリア・ルイサ・アニード

現代ギター2012年4月号

2014年9月号:
第6回 レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサ

現代ギター2012年4月号

2014年10月号:
第7回 バリオスとアリリオ・ディアス

現代ギター2012年4月号

2014年11月号:
第8回 フアンホ・ドミンゲス

現代ギター2012年4月号

2014年12月号:
第9回 イダ・プレスティ

現代ギター2012年4月号 2015年1月号:
第10回 ホセ・ルイス・ゴンサレス
現代ギター2012年4月号 2015年2月号:
第11回 ジュリアン・ブリーム/ジョン・ウィリアムズ
現代ギター2012年4月号 2015年3月号:
第12回 (最終回)アンドレス・セゴビア
 

[連載:ギター名曲の謎]

現代ギター2012年2月号 2012年2月号:
投稿<トレモロの謎> [謎シリーズ]が始まるきっかけ記事
現代ギター2012年4月号 2012年4月号:
「アランブラの想い出」の謎 コンチャ婦人に捧げた同じ曲をなぜ後年アルフレッド・コッタンに捧げ直したのか?
現代ギター2012年5月号 2012年5月号:
「禁じられた遊び」の謎1 <禁じられた遊び>のテーマ音楽は作者不詳のスペイン民謡か?それとも作者はいるのか?
現代ギター2012年6月号 2012年6月号:
「禁じられた遊び」の謎2 「ロマンス事件」を迷宮入り寸前とさせた犯人は誰か?
現代ギター2012年7月号 2012年7月号:
「ラグリマ」の謎 ラグリマは涙が出るほど謎だらけ。
現代ギター2012年8月号 2012年8月号:
「月光」の謎 ソルのエチュードが<月光>とは何でや?ありえへん!
現代ギター2012年9月号 2012年9月号:
「ターレガのタンゴ」の謎 ターレガの<タンゴ>とガルシア・トルサの<ハバネラ>の一騎打ち。勝つのはどっちだ?
現代ギター2012年10月号 2012年10月号:
「カプリチオ・アラベ」の謎 カプリチォ・アラベはなぜ何度もタイトルを変えたのか?それはターレガのカプリチォ(気まぐれ)か?
現代ギター2012年11月号 2012年11月号:
「グラン・ホタ」の謎 グランホタはビーニャス、カーノ、アルカス、一体誰の作?
現代ギター2012年12月号 2012年12月号:
アルカスの<ヴェニスの謝肉祭による変奏曲>の正体は?
現代ギター2013年1月号 2012年1月号:
ビウエラ音楽はなぜすぐに衰退したのか?
現代ギター2013年2月号
2012年2月号:
アランホェス協奏曲(前編)話が食い違う"アダージョ”誕生秘話 どれが真実か?
現代ギター2013年3月号 2012年3月号:
アランホェス協奏曲(後編) セゴビアはなぜこの曲を弾かなかったのか?
 

出版本


ホセ・ルイス・ゴンサレス・ギターテクニックノート
ホセ・ルイス・ゴンサレス・ギターテクニックノート
Jose Luis Gonzalez Guitar Technique Note

手塚健旨・訳
(株)現代ギター社刊
1,854円(本体1,800)円

普段の基礎練習に最適の一冊です。


「各種の練習をゆっくり根気よく訓練することにより、
素晴らしいギターのテクニックが身につくことを確信
しております」−ホセ・ルイス・ゴンサレス

ディオニシオ・アグアド ギター教本(第1巻)
ディオニシオ・アグアド ギター教本(第1巻)
Dionisio Aguado Nuevo Metodo para Guitarra

手塚健旨・訳編
(有)ウインストン刊 1990年
2,575円(本体 2,500円)

世界中で親しまれているアグアドの教本Metodo para Guitarra
は1849年に完成したものであるが、その奏法は現代のそれと 全く変わらない。この一冊を翻訳、編集した本邦初の実用版。

スペイン音楽旅行
スペイン音楽旅行
VIAJE A ESPANA CON MUSICA

手塚健旨著
音楽乃友社 刊
1,100円(本体1,068円)
ISBN4-276-35084-0


実際にスペインに行って音楽を聴くためのガイドブック。
情報収集、チケットの買い方、演奏会場を徹底紹介。

ガイドブック音楽と美術の旅

ガイドブック音楽美術の旅
スペイン

音楽乃友社 刊
2,750円(本体2,670円)
ISBN4-276-21303-7

上の「スペイン音楽旅行」は美術ガイドと一緒になり、
音楽乃友社の音楽と美術の旅シリーズとしてリニューアル
されました。スペイン旅行に必携の一冊です。
オールカラー。
フランシスコ・タレガ

リウス:フランシスコ・タレガ/
手塚健旨・訳

名曲〈アランブラの想い出〉〈アラビア風綺想曲〉の作曲者として知られる、今日のギタールネサンスの立役者フランシスコ・タレガ。その偉大な人物の実像を描き、天才ギタリスト、タレガの真の姿を蘇らせる。物語としても楽しく読めるタレガを著わす決定版。
「日本図書館協会選定図書」に選ばれました!


手塚健旨ギタースタジオ
〒216−0007 川崎市宮前区小台1−7−2
              グリーンシティ鷺沼A207
TEL&FAX 044−854−6637  

Copyright (c) Takeshi Tezuka All rights reserved.

.